オリジナル印鑑で個性を表現する

  • RSS

シャチハタ印と印鑑の違いは何でしょう?
一番大きく違うのはその構造で、朱肉が必要か不必要かという事です。
印鑑に様々な印材があるのは皆さんご存知ですよね。
合成樹脂や水牛の角、樹木、羊の角や象牙などがその一例。
素材によって様々な特徴があり、インクのノリに関してもそれぞれの素材によって違います。
高価であれば良いかというと決してそういう訳でもないですが、安価な三文判は価格相応の印影にしかなりません。

一方のシャチハタは印面が合成ゴムで出来ており、内部にインクが予め補充されているので、その都度朱肉を使う煩わしさが無く、インクのノリに差が出ないので印影の出方も決まっています。
こうやって書いていると、シャチハタの方が便利で優れているように
感じますが、残念な事に、シャチハタは重要なシーンで使えないのです。
印鑑の役割というのは、そもそも自分の意思や存在を証明するものであり、正式な書類を交わす際の認証の為に使われる物。
銀行に口座を開設する際の銀行印に使用したりもしますよね。
そんな大事な物が何処でも手に入って、自分に成りすまされたらと想像してみて下さい。恐ろしくて、絶対に出来ません。
更に、月日の経過によってゴムが劣化してしまうと、印影も変わり同じ印鑑である事を証明するのが難しくなってしまいますよね。

このような理由から、シャチハタは荷物の受け取りサインの代わりに捺印したり会社内で署名代わりに使われる事が殆どなのです。
ここまでは皆さんの馴染み深いシャチハタネーム印の話でしたがシャチハタでオリジナルはんこを作れるのをご存知ですか?
シャチハタ印字面の合成ゴム素材は細かい細工が可能であり、専門のネットショップにデータを入稿すると、自分がデザインしたオリジナルのスタンプ等を作成してもらえます。
例えば、ショップ用のスタンプを作るにしても、住所や店名だけではなく、そこにイラストを入れたりするだけでお店の個性を表現できますよね。
お子さんが好きなキャラクターを入れて、『よくできました』のごほうびスタンプにしても良いですし、使い方は無限大!
是非一度、ホームページを覗いてみてくださいね。

このページの先頭へ