実印の重要性

  • RSS

印鑑の役割について、じっくり考えた事はありますか?
印鑑というのは、印影が重要な役割を果たします。
陰影を照合した際、同じ=本人となるからです。
便利なようで、使い方を間違えるとセキュリティ面で非常に不安があるのは想像できるでしょう。
荷物の受け取りなどには三文判やシャチハタネームでも全く問題ありませんが、銀行の届出印に関して言えば三文判は避けた方が無難かもしれませんね。
仮に、第三者が本人に成りすましてお金を引き出しても印影に違いが無ければ疑う余地は無いのです。
そう考えると、全国どこでも全く同じ印影の印鑑が売られている三文判を銀行印に使用する事がいかに恐いか、お分かり頂けるのではないでしょうか。

ちなみに、シャチハタネームも既製品では全く同じ印影になります。それ以前に、シャチハタは長年の使用で印面が劣化する恐れがあるので、銀行印には認められていませんが。
同じ事が実印にも言えます。
実印は、本人が住民登録している市町村に届出した印鑑でその印鑑登録証明書とセットになると、自分が何処の誰だかを明確に証明する物になります。
不動産売買など大きな買い物をする時は、まさに不可欠の存在。
万が一、他人に印影を知られる事になり、全く同じ印影の物を手に入れられたとしたらどうなるか…
たとえ身に覚えが無い契約でも、あなた本人の意思とみなされてしまうのです。その事実を証明するのは極めて難しく大変な事になりかねません。
実印という物は、想像を遥かに超える重要な印鑑なんですね。

とにかく、実印は気安く人目にさらさないのが鉄則。
他の印鑑とは一線を画さなくてはいけないので、認印とは区別し家族との共用も避けるべきなのです。
そのようなトラブルを避ける為にも、手彫りの印鑑がお勧め。
手彫りであれば細かいニュアンスをつける事も出来、全く同じ物は二つと作れない、まさに唯一無二の印鑑を手に入れる事が出来ます。
印鑑は自分の存在や意思を証明する大切な存在。
捺印するときは内容をじっくり理解した上で、慎重に扱いましょう。

このページの先頭へ