合理的な文房具

  • RSS

ある日、シャチハタ付のボールペンがあるのを知りました。
世の中にはなんて便利なものがあるんだろう!と、そのとき感動すら覚えたのを思い出します。
そもそも、シャチハタが主に使われるのは、オフィスなどの『仕事場』ですよね?
一生懸命働いている人たちにとっては、自分の名前を書く時間すら惜しいのでしょう。手書きでサインするより、捺印した方が、圧倒的に時間短縮できますから。

かといって、印鑑だといちいち朱肉をつける必要がある。
(ちなみに、そんな印鑑の煩わしさを解消するためシャチハタでは、カートリッジに印鑑をセットすれば、朱肉を付けなくても良い『ハンコベンリ』という商品も扱っています)
シャチハタの一番の特徴は、その都度朱肉をつけなくてもインクが自動的に浸潤される事。
大量の書類に認証印を押さなくてはいけない時に、この構造は非常に便利です。
朱肉のノリが悪かったり、捺し方が悪くて一部がかすれるという心配もありませんしね。
シャチハタは正に『ストレスフリーなハンコ』なんです。

そんなシャチハタにボールペンもつけたらどうなるか…
はんこが必要な時に探す手間も要らず、しかも、使い終わった後もしまいこまなくてもよい。とにかく合理的な文房具なんです。
ペンのタイプも、プラスチック製のカラフルな物から高級感のあるデザインの物、万年筆タイプや、赤と黒の二色セットの物まで多種多様。
一回り小さくする事で女性が握りやすいようにデザインされた商品もあり自分好みの物が見つかるラインナップになっています。
また、メールオーダーでオリジナル印面を簡単に注文する事が可能であり、書体やインキの色まで選ぶ事もできるのでオリジナルの一本を作る楽しみもありますよね。
ご自身のための購入はもちろん、身近な方の卒業記念や就職記念にも最適です。喜ばれる事、間違いなしですよ。

このページの先頭へ